スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事に手術が終わりました。
2009年12月03日 (木) | 編集 |
モモ、無事に避妊手術が終わりました
前日はかなり心配で、どうなることかと思いましたが。
旦那もよく寝られなかったようで、夜中に起きてました。

当日、病院に行き、子宮と卵巣と両方を摘出する手術をしました。
最近は、縫い合わせる糸、自然に生分解されるそうで、抜糸の必要はないんですね(ちょっと驚き)。
動物の病気関係の物って、人間のが開発されると、そのまま応用できるので、
結構いろいろすすんでるんですね。
で、そのままモモを病院に残し、私と旦那は一旦家に帰りました。

待っている間はかなり心配で、どきどきでした。
夕方になると、大丈夫かしら?っていいながららお迎えに行きました。
お医者さんと看護婦さんに、モモちゃん、ものすごいご立腹よって言われてしまいましたが、無事に家に帰れました。
かなり騒いだみたいです
でも、病院を出て、家に着くと、泣き声が変わって、か細い声に。
いたいよーとなかれてしまったので、手術後の写真は撮る気にならず。
エリザベス?は、モモ、結構神経質なのでまるでだめで、足で蹴って首が絞まってしまっていたので、
旦那がすぐに取ってあげてました。
傷口の保護テープも気に入らなかったようで、すごくなめてましたが、これは取れないのでそのままに。

麻酔が効いているだろうに、病院では安心して眠れなかったのか、
こたつにはいったら、傷口舐めたまま寝てました。
その後しばらく眠そうで、目が半開きのままでしたが(ストッキングかぶって後ろにひっぱたみたいでした)、
おしっこはできて、お水にご飯もちょっとですが食べれて、痛がる様子もなく、
いつものくまちゃんをしゃぶって、ごろごろいいつつ、夜も普通に眠れたようです。

朝起きると薬をあげなくてはいけなかったので、あげました。
粉薬だったので、子猫用猫缶モンプチに混ぜてあげたら、気にせず食べてました。
食欲はものすごかったです。
これなら大丈夫って安心しました
でも、まだ片目が半開き
で、その日はちょっと遊びたがって、猫球もってきたりしたのですが、
遊ばない!って遊ばないようにして、何とかすごしました。

次の日、保護テープをはずしてもらいに病院に行きました。
モモ、また大騒ぎ
いたそうでしたが、無事にはずせました。
でも、モモ、手術した当日の夜、すごいなめていたので、傷口腫れてしまっていて
脂肪にお水(腹水?)がたまっているとのことでした。
それを抜くためにって、おけつに注射をぷすっとしてもらい、
内臓の位置が変になっていないか、なんだかよくわかりませんが、もみもみ、確かめてもらい、帰ってきました。
獣医さん、小さいときはあこがれていましたが、大変ですね。私にはできません。
目の半開きはこの頃には治っていました。なんだったのでしょう???

その後はなるべく遊び過ぎないように、注意しつつ。
でも、ごはんももりもり食べるし、薬もちゃんと飲むし、少しずつおなかの腫れも減ってきているようです。
先生に、薬でおなかがゆるくなると言われていたのですが、確かにちょっとゆるくなりました。
でも、他にこれといった以上もなく、今日に至ります。

おなかの毛をそられてしまったので、ちょっと寒そうですが…。
最近、お気に入りの仕事場のソファーで眠っている写真をアップします。
NEC_0002_20091203114746.jpg
パソコンをしていると、こんなかんじで後ろで監視しています。

性格は今のところ、大きな変化はないようです。
もともとずっとべったりな子でしたが、ちょっと甘えっ子が助長されたようです。
別の部屋に行くと、すぐにないて呼びます。

なにはともあれ、ぶじに手術が終わってよかったです。
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。